fbpx
あなたにもできると信じています!

~好きな事を副業に変える方法~

アフィリエイトでサラリーマンを辞める前に知っておくこと

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

アフィリエイトで収入を得られるようにあると誰もが考えるのがサラリーマンを辞めるという選択肢。
でも会社員の立場を捨てるというのは本当に得なのでしょうか?
あなたが勤めている会社がブラック企業でこのままでは死んでしまう!っていうわけでなければちょっとまってください。
サラリーマンを辞めることで意外としらないことがいろいろあると思うので確認しておきましょう。

サラリーマンを続けるメリット

アフィリエイトをやっていると結構簡単にサラリーマンの収入を超えてしまうことがあるんですよね。

早ければ数ヶ月で達成してしまう人もいるでしょう。

1件1000円の報酬が1日10件、月300件とれれば30万円。

じゃあ、サラリーマンの月収よりアフィリエイトの収入が多ければ会社辞めちゃおうかと思う人も多いでしょう。

 

でも、いきなり辞める前に知っておいて欲しいことがあるのでお伝えしますね。

わたしが会社員を辞められない理由でもあったりします。

ぶっちゃけちゃえば朝早起きできないし、通勤電車はイライラするし。

給料なんてアフィリエイトで稼げるようになると安いって思っちゃうし。

いままで何気なく続けてきたサラリーマンという職業。

会社の中で普通に仕事を任されてこなすことだけを考え来ました。

そんな仕事も20年。

 

それでも毎月の給料は平社員なら手取りで20万~30万円くらいかな。

だけでアフィリエイトは少しうまくいくと簡単に月50万円とか超えちゃいます。

うまく狙えれば場合によっては月100万円超えもありえるでしょう。

しかもアフィリエイトに費やす時間は平日毎日拘束されるサラリーマンとは比較にならないほど短い時間。

 

だからサラリーマンなんてとっとと辞めちゃおうという人もいるかと思います。

実際、アフィリエイトで稼げたので会社辞めてアフィリエイトを本業にしたという人もたくさんいます。

アフィリエイトブログなんかのプロフィールでよく見かけるでしょう。

「18万円稼げたので仕事辞めました!!」

みたいな発言。

でも、実際サラリーマンを辞めたことでメリットばかりがあるのでしょうか?

逆に辞めたことでのデメリットはあるのか?

まずは最大の悩みどころでもあるサラリーマンのメリットをみてみましょう。

 

会社員としての信用

会社員は会社に属しているというだけである程度の信用が得られます。

会社の規模が大きければその分信用度もあがあります。

この信用度が明らかに現れるのが「お金を借りるとき」。

住宅ローンやマイカーローンなどを組むときにスムーズに組みことができるのも会社員ならではのメリットです。

クレジットカードには会社の記入もしますよね、あれがないとカードの審査も通りにくくなります。

法人化していれば社長になりまずがこの場合は会社の規模や年数、売り上げ等が確認されることになります。

それなりの規模にならないと会社の信頼というのもできないってことですね。

 

ほかにも個人事業主や会社経営者は家を借りる場合に影響がでます。

賃貸のアパートやマンション。

これも個人事業主には非常に厳しい世界なんです。

会社経営者でも2年以上継続していないと審査すら行われないとか。

個人事業主で1500万円アフィリエイトで稼いでいるっていっても極端な話、家を借りられないこともあるという話を聞きました。

一括で1年分払うとかならいい場合とかもあるんでしょうがけど。

会社員ではないというだけで門前払いもよく聞く話。

それくらい会社の信用って日本のシステムでは強いってことなんです。

アフィリエイトを本業にして会社を辞めるなら先に住む場所をしっかり用意しておかないといけないってことです。

特に都会はこういったことに厳しいですね。

アフィリエイトを専業にするなら思い切って田舎暮らしをはじめるぐらいがいいのかも。

 

収入の保障と福利厚生

サラリーマンであれば自営業と違って、収入がゼロになるリスクはありません。

アフィリエイトだってブログがGoogleに圏外に飛ばされようものなら一気に収入減。

まあ、会社でも倒産したり、あなたが事故などで働けなくなったりクビになったりしない限りは、ですけど。

仕事できなくても、会社の業績が悪くても給料はもらえます。

自営業ではそうはいきません。

また、会社って福利厚生の恩恵が意外と大きい。

健康保険料、厚生年金保険料、雇用保険料、労災保険などですね。

厚生年金は会社が半分払ってくれてるし。

個人事業主になると自分で払わないといけない。

 

これに追加して会社単位で貰えるものもいろいろあります。

家族手当とかそういった基本給とは別のものですね。

有給休暇などのシステムで生活に必要な負担の一部を会社に面倒見てもらえるわけです

 

さらに会社にいるだけで、何気なく受けている健康診断、人間ドッグ。

健康保険に入っていれば人間ドッグなんて5000円くらい。

しかも後日会社に請求できるので実質無料。

でも個人で受けるとなると簡単に4万円くらいかかりますからね。

健康管理にもお金がかかります。

個人でインフルエンザの予防接種を受けるだけで4000円。

でも会社で受ければ無料だったり。

 

ほかにも、福利厚生施設の利用、子育て支援とか会社によっていろいろ使えます。

働いた期間でもらえる退職金も会社員ならではのシステム。

自営業の場合は小規模共済などに振り込んで退職金を貯蓄しなければいけないですからね。

会社員なら仕事で怪我して働けない期間には労災ももらえる。

個人事業主で労災に気をつけたいなら別途自分で労災保険に入っておく必要があるんです。

 

税金について特に何も知らなくていい

会社員の場合は給料から自動的に税金が引かれるので何も考えなくてすみます。

経費などの必要経費を全てまとめて、計算して確定申告するなんてこともしなくていいですね。

所得税と住民税について知らなくても大丈夫とういうのがラクチン。

個人事業主なら帳簿を自分でつけなければいけません。

所得控除を自分で計算することになります。

所得控除は、配偶者控除、生命保険料控除、医療費控除など、現在は14種類もあったりします。

税金は自動的に引かれるし金額は書かれていても前月や前年と比較しないので増えても気付きにくいという話もありますが。

 

そして、会社員の所得税の平均は、330万円~695万円の給与の20%とされています。

最大は給与の45%が所得税になります。

また別に住民税も所得により変わって来ますがこちらは給与の約10%です。

税金の支払いに手間がかからないのがサラリーマン。

税務署や市役所から請求が来て自分で払いに行くのが個人事業主です。

 

業務上の知識が増える

会社勤めすればその職業の仕事の知識が手に入ります。

何年も務めていればその仕事でいろいろなことを知ることができるでしょう。

お金もらいながら一生職業体験をしていくことになりますからね。

新人から先輩になり、部下を持ち会社に認められていく。

その中でしか得られない経験もあります。

さらに会社の中で別途社外の勉強会や訓練もさせてもらえますからね。

自営業なら数万円はらってセミナーに参加したりする必要があるんですよね。

そういった意味では会社員は勉強さえてもらえるって立場ですね。

仕事も会社というシステムの中で行っていくので仕事も与えられます。

自分で仕事を探すことが少なくて済むんですよね。

 

サラリーマンでいることのデメリット

サラリーマンのメリットは上で書いたようにたくさんあります。

ほんとうに恵まれています。

ではデメリットといえばどんなことがあるのでしょうか?

サラリーマンであることのデメリットは簡単ですよね。

時間の制約がきつく、通勤時間や会社、仕事に時間を縛られていることのストレスがとても大きい。

そしてなにより

自分の力で稼ぎを決められない!

 

主にあげるとこの4つ。

  • 毎日決まった時間に出勤しなければならない
  • 終業時間まで帰れない
  • 休みたいときに気軽に休めない
  • 自分で給料を決められない

通勤時間は給料に含まれない、通勤電車やバスは大混雑。

会社では集団行動が必須なので人間関係にすごく気を遣う。

なにより会社には給与テーブルというものがあり会社に入った時点で自分の収入の限度がだいたい決まってしまいます。

どれだけ仕事を頑張ってお店や会社の売り上げに貢献しようが、儲かるのはあなたではなく会社や社長だけ。

自分で給料を増やすことはできません。

業績上げて認めてもらって給与テーブルが少し上がるだけ。

それで満足な給料ならいいんですけど・・・・

 

一般的に高給なサラリーマンの収入は?

会社員をやっていて役員になるなど普通の会社員から出られれば別ですが大多数の庶民はサラリーマンで定年を迎えます。

役員になれる人数はごくわずかですからね。

一般的にサラリーマンというくくりで給料が多い職業といわれると医者やパイロットという職業がありますよね。

そんな高級取りなイメージのある職業なのですが実際どれくらいなのでしょうか?

医者の平均年収は1477万円

パイロットではANAは1981万円、JALは1834万円。

中堅航空会社では800万円程度らしいです、

なおマイナビの職種別モデル年収ランキングはこんな感じ。

システムアナリスト 1100万円
システムエンジニア 964万円
不動産業      870万円

実際数字でみるとこんなものです。

これらは特殊技能だし今後も不要になることはないでしょう。

でも高給とりといわれる職業でさえ、このくらいです。

特別な職業に就くには大学や専門学校でお金をいっぱいかけて勉強して、さらに何年も経験を積んでいかないといけない職業が多いですね。

こういった職業に比べてアフィリエイトでは短い期間と少ない経験で金銭面では超えてしまうんですよね。

 

アフィリエイトでサラリーマンを辞める前に知っておくことまとめ

サラリーマンってほんとうにメリットの多い職業です。

だからアフィリエイトで稼げるからってすぐにやめるのはもったいない。

もちろん副業禁止って会社もあるでしょう。

でも働き方改革が叫ばれる世の中。

副業への考え方も変わっていくでしょう。

少ない給料でちゃんと残業も出ないようなブラックな仕事なら見切りつけてしまうのもいいでしょう。

でも、もし普通に通勤して残業時間もそこそこで帰宅できる。

それでいて不安が少ないなら会社は辞めずにアフィリエイトを副業にしてみることがおすすめですね。

だからもしあなたに遊んでいる時間があるなら一部副業に割り当ててみませんか?

いままでただテレビを見ていただけの時間、趣味として個人的にしか楽しんでいなかった時間。

それをあなたのブログで「他の人に紹介」「教えてあげる」。

その結果収入にもなったらいいと思いませんか?

 

 

習い事もだけど大学も留学したいといえばさせてあげたい。
子どもは親の経済力で決まるから。
子供の才能を引き出すというか・・・そんな選択肢を提供してあげたい。
自宅でできるブログを書くだけの作業がお金になる体験があなたを待っています。
より生活を豊かにしていく第2の人生を始めていきましょう!!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© こばやんの40代から始めるノーリスク副業塾 , 2018 All Rights Reserved.