fbpx
あなたにもできると信じています!

~好きな事を副業に変える方法~

40代サラリーマンの小遣いが足りない場合の解決は増やすだけ!家族や趣味のためにお金を作る方法

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

結婚して子供がいてサラリーマンのお小遣いってどれくらいなんだろう?

子供がある程度の年齢になるころには40代。

そんな時に他人のサイフの中身が気になることありませんか?

「あいつはなんかいつもいい物食べてる」とSNSを見て羨ましくおもったりすること。

Facebook見てもなんか景気のいい人ばかり目につく。

「なんでみんなあんなにいい物食べてるんだろう」

「そもそもなんでそんなにお金持ってるの?」

サラリーマンってみんなどれくらいお小遣いもらっているのか?

少ないお小遣いから好きなものを購入したり投資や株はできるものなのか?

40代のただのサラリーマンで子持ちなのに20万円以上のパソコンかったり15万円のカメラやレンズを買えてしまうお小遣いを作る方法を紹介しちゃいますね。

40代サラリーマンの小遣いの平均は3.5万円!?この金額では足りないですよね

ではまず気になる他人のサイフの中身。

サラリーマンの平均お小遣いを見てみましょう。

この記事の数値は2017年の新生銀行の調査結果をもとにしています。

20代、30代、40代、50代まで男性と女性で分けた平均お小遣いの金額。

あなたのお小遣いはこの平均より上ですか?それとも下ですか?

男性 女性
平均 ¥37,428 ¥33,951
20代 ¥35,377 ¥42,123
30代 ¥34,785 ¥33,344
40代 ¥35,475 ¥31,473
50代 ¥44,040 ¥28,833

サラリーマンの小遣いの平均金額は?

男性会社員の月の小遣いの平均は37,428円

この数値はお小遣いの平均額を1979年から調査し始めて過去2番目に低い金額だったそうです。

どういうことなんでしょうね、1980年代からお小遣いまったく増えていないって。

物価の変化を考えるとまったくサラリーマンの収入自体も増えていないということなんでしょうか・・・・

世の中がどんどん便利になっても給料は横ばい。

それどころか逆に給料が減ってお小遣いも減らされてしまうなんてことも。

40代にもなるとだいたい3万5千円。

会社に入って20年もたつのにお小遣いはほぼ横ばいという感じです。

 

一方の女性の場合は若いころは自分に使う金額が多く年を取るにつれて減るようです。

20代に限って言えば4万円超えてますからね。

年齢を重ねるにつれて服や化粧品などに使う金額が減るからみたいですが・・・。

それはそれでなんか寂しい。

 

結婚すると小遣いが減る

上で紹介したような金額は実は独身と結婚した人が一緒になっているんですね。

そのため言ってしまうと

「結婚するとあなたの小遣いが減ります!!」

衝撃的な事実かもしれません。

結婚形態 小遣い
未婚者 43716
既婚 子供無し 共働き 40693
専業主婦 29860
子供あり 共働き 30023
専業主婦 32939

でもこれはしょうがないのかもしれませんね。

家族が増えれば収入を増やさない限り1人で自由に使える金額も減っていきます。

子供が増えれば生活費だけでなく教育費用も必要になりますからね。

だからそのまま小遣いにも影響が出てきます。

 

ちなみに未婚者であれば4万円を超える小遣いが結婚することで3万円を切るという結果が出ています。

全体的に2割から3割減少しているようです。

 

さらにこの小遣いが少ない期間は子供が高校を卒業するまで続きます。

そして子供が大学に進学し教育費用がひと段落すると一気に増える感じです。

教育費用が小遣いに大きく影響を与えていることは確かなようです。

さらに結果からみて面白いのは、共働きでも独身より小遣いは多くならないっていうこと。

結婚することでお金の考え方がシビアになる傾向なんですね。

 

サラリーマンの小遣いの相場は?

上記の表のようにサラリーマンの平均金額は3万円前後です。

そして平均金額がそのまま相場というものになるのは明らかですね。

ちなみにこの相場ですが一般的には給料の手取りの1割と言われています。

給料が30万円であれば3万円ってことですね。

給与ではなく手取りの1割。

この際だからお小遣いは毎月の給料明細を見て決めてしまってもいいかも。

この相場は手取りの1割という考え方であれば年齢や他人の給料の平均も気にせず、

給料の1割がお小遣いの相場

となるので他人と比べなくなるかも。

逆に1割以上もらっている場合は貰い過ぎなのかも?

 

お小遣いの内訳は?タバコや昼食代も含むのか?

サラリーマンの小遣いの内訳、使い道はどうなるのでしょうか?

ちなみに毎日会社で食べる昼食代の平均は600円ぐらいだそうです。

一か月に働く日数が20日とすると昼食代で12000円。

もらっている小遣いの4割程度ということですね。

結婚している人だと5割くらいは食費になることに。

だから

結婚している人には私から奥さんにお願いです

「結婚したらお小遣い減らすだけではなく弁当を作ってあげてくださいね。」

これ重要。

 

残りの2万円弱の中で趣味、タバコ、飲み代を支払う必要があるわけです。

さらに下手したら自分のスーツを買わないといけないので貯金も必要になってきます。

スーツ代が別途もらえればいいんでしょうけどね。

 

もちろんこの金額の中から子供や奥さんへの誕生日、結婚記念日のプレゼントも。

飲みに行くと1回5000円。

しっかり必要な分を抑えていてもこれだと趣味に使える金額ってかなり限られてきますね。

 

サラリーマンの小遣いから投資や株などの資産運用をすることはできるのか?

最近の日本では老後の年金も徐々にあてにならなくなっているような時代です。

年金の支給年齢はあがり、さらには物価の上昇、あれもこれも値上げ。

消費税まで増えていきます。

 

「でも子供の教育費はちゃんと出したい」

親としてはそう考える人が多いと思います。

 

かといって今の低金利時代では銀行にお金を預けても全然増えない。

保険会社の養老保険などでも10年も預けて4%程度。

そこで投資や株にお金を回せないかということを考えるわけです。

 

それも小遣いからできないか?

私の考えからいうと

「最初からある程度お金を出せないと大して増えない。」

って考えた方がいいですね。

 

実際のところ株や投資って即金性があまりありません。

長く購入して地道に増やしていくものです。

銀行や保険会社の利率よりは儲かる可能性もあります。

1000円の株を100株購入で10万円の投資。

この株は運よく高くなったとしましょう。

1500円に上がったときに売れば5万円の儲け。

でもこんなにうまくいくばかりではなく株は下がることもあります。

場合によってはその企業の倒産なんてこともあるんですね。

それにこんなに上がることなんてそんなにしょっちゅうあるものでもないんです。

株で一角千金なんて夢物語なんです。

 

FXの場合は初期投資の10倍程度の金額で外貨を購入できるので儲けも大きいがその逆の可能性も高い。

2週間で100万円の損なんてこともあります(実際に経験したしw)

 

それに小遣いから何万円もの投資はなかなかできません。

ある程度初期投資がないと大して増やせないのが現状だと私は思っています。

現在は私は海外投資をやりつつFXで少し使っています。

毎月3万円の投資をしています。

小遣い3万円程度ではなかなか将来のためにお金を増やすのは難しいんです。

 

私は小遣いを自分で稼ぐことにしました

サラリーマンの給料って全然増えないじゃないですか。

実際管理職になって残業代がなくなって役職手当がついていくらか?

ボーナスでどれくらい期待できるのか?

自分が管理職に付けるのか?

 

私の場合は順調だったサラリーマン生活も家族の病気などで出世コースから外れました。

いまの給料では教育費用や自分の趣味をもつことなんてできそうもないんですよね。

月の手取りが30万円弱。

この中で教育費用やマンションのローンを払っていくわけです。

 

でもやっぱりもっと自由になるお金が欲しいですよね。

私も趣味はカメラということで好きなボディやレンズを買いたいわけです。

カメラのボディもレンズもいいものは10万円や20万円。

サラリーマンとして小遣いをもらっているだけではとても買えません。

 

自分で欲しい物があるなら、必要なお金があるなら自分で稼げばいいんです。

だから現在、私は小遣いをサラリーマンの収入からもらっていません。

じゃあ好きなものをどうやって購入しているか?

 

いわゆる副業というやつです。

 

もちろん副業といっても誰かに安い時給で雇われるものではなく完全な成果報酬。

成果報酬なので確実に貰えるものではないのですが

2018年は500万円ほど

2017年は600万円ほど

の副業収入がありました。

この金額を信じる人も信じない人もいるでしょうけど税金もちゃんと払ってます。

 

月にすると30万円から50万円ほどでしょうか?

サラリーマンの給料と合わせると年収は1000万円をこえるわけです。

サラリーマンの給料だけでは達成できる見込みのなかったこの金額。

 

この金額を得るためにやっていることは

ブログを書くことだけ。

あなたが読んでいるこのブログ以外にも運営しているブログがいくつかあります。

それらのブログが毎月数十万円を生み出してくれています。

収入は広告収入です。

その結果、下記のようなことができるようになったんですよね。

  • 子供の習い事費用に悩むこともなくなりました。
  • 1年分の塾費用は一か月の副業収入でまかなえる。
  • 14万円のレンズや25万円のフルサイズ一眼レフカメラを一括購入。
  • 26万円の高級パソコンを一括購入。
  • 自動車レースの個人スポンサーで40万円支出。
  • 電車でグリーン車にのってみたり

サラリーマン収入の他に副業収入があって、将来の貯金もできる上に自分の好きなことにもお金が使えます。

 

まあ、子供の習い事はたくさん行かせてもかわいそうなので注意したいところですね。

趣味であるレンズやカメラも副業収入で購入することができ自動車レースの個人スポンサーになって楽しませてもらいました。

 

私のやっているブログは趣味ブログ。

誰でも経験するであろうことを文章にしているだけ。

それでも見に来てくれる人がいるので広告収入が貰えます。

だれでも書こうと思えば書ける簡単なことで稼げるブログでの副業収入って便利ですよ。

あなたも始めて見ませんか?

 

小遣いが増えないなんて言ってるうちは話にならないですよね。

だって小遣いが少ないのは収入が少ないからですよね。

給料は生活費に必要なのだから仕方がないとして自分のしたいことがあるなら自分で使えるお金を自分で作ればいいんです。

習い事もだけど大学も留学したいといえばさせてあげたい。
子どもは親の経済力で決まるから。
子供の才能を引き出すというか・・・そんな選択肢を提供してあげたい。
自宅でできるブログを書くだけの作業がお金になる体験があなたを待っています。
より生活を豊かにしていく第2の人生を始めていきましょう!!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© こばやんの40代から始めるノーリスク副業塾 , 2019 All Rights Reserved.