fbpx
あなたにもできると信じています!

~好きな事を副業に変える方法~

節約で生活費から月6万円を貯金をするよりお金を増やす方法

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

節約で月6万円を作って家族や子供、そして自分のためにお金を使いたくないですか?

自分の生活費を確認し節約するにはどうしたらいいか?

この記事では節約で生活費から月6万円を貯金をする方法を紹介していきます。

そして毎月6万円とは言わず10万円でも貯金できるようになる方法も。

あなたが節約方法を知るために読んでいるブログ。

実はそのブログはめっちゃ稼いでいる可能性があるって話をします。

節約で生活費から月6万円を貯金をするにはまず何をすべきか?

「少ない生活費から節約してどうにか貯金をしていきたい!!」

なかなか限られた給料の中から数万円貯金するのって難しいですよね。

 

6万円というと普通に考えると大金ですよね。

6万円の何かを買うとなると悩むし躊躇することでしょう。

そんな中でいまの生活費の中から6万円を作る。

これは可能なのか?

 

もちろん、いま2万円貯金できているならあと4万円の貯金です。

いまの生活費でも十分節約していても意外と無駄なところがあったりします。

無駄を確認するにはまずは支出を見てみましょう。

 

手取り収入 30万円

  • 固定費の内訳
    住居費 90,000円
    食費 50,000円
    光熱費  20,000円
    通信費 15,000円
    生命保険 15,000円
    教育費 17,000円
    小遣い 25,000円
    ⇒22万7000円
  • 変動費
    交通費、衣類、医療費、その他
    ⇒7万円

ざっくり書き出してみることが大事。

これをするためにもレシートはしっかり保存して家計簿をつける必要があります。

上に書いた中には毎月かかるものではないものもありますよね。

医療費、交通費、衣類などは変動します。

できれば昨年1年の結果から毎月の平均を出せればいいですがそこまで出来る人ってなかなかいない。

まずは大まかに固定費と変動費と分けてみることが大事。

これをやらないで節約だけ実施してしまうと結局節約できたのかどうかがわからないという結果になります。

これでは節約ってやってるつもりでもなかなか貯金が増えないのがわかりますよね。

ではまずは固定費を削る方法を説明します。

固定費を確認する

生活費をざっくり書き出してみたら次に固定費を1つずつ見直していきます。

固定費は生活に必要な金額を確認することから

そしてその金額が今の収入にあったものかを確認していくことから始まります。

とあるファイナンシャルプランナーの人の説明では貯金や投資をするなら固定費は手取りの6割を目安にしましょうなんて話があります。

生活費6割、残り4割は貯金2割、投資2割だそうです。

その上で、生活費にかける割合は以下のように紹介しています。

手取り 30万円

家賃 20%(6万円)
食費 10%(3万円)
保険料 2%(6000円)
通信費3.5%(10500円)
光熱費3.5%(10500円)
教育費10%(3万円)
その他10%(3万円)

この計算でいくと住居費であれば20%以内

手取り30万円で20%だと6万円。

住居費に9万円かかっているということはあきらかに使いすぎということになります。

特に賃貸の場合は2年毎に更新費用なども発生するので思わぬ出費をしていることもあり注意が必要。

食費は平均が10%ということで平均だと3万円。

5万円はこれまた使いすぎということになります。

通信費や光熱費も1万円が目標で結構厳しいですよね。

ドコモとスマホの契約をすれば家族で1万円超えは結構簡単にいきますし。

電気、ガス、水道を合わせて1万円というのも非現実的。

6割はあくまで目安で4割を貯金と投資へ振ることは結構厳しい数字だっていうのがわかりますよね。

でもこうして固定費を数値化して目標を決めることで具体的に何を削るべきかが見えてくるわけです。

  • 家賃を減らそう
  • スマホを格安ケータイに変更しよう
  • 外食を減らそう
  • 食材を安くしよう
  • 保険を見直そう

こうして固定費は数値化してしまうと比較的節約の検討がしやすいんですよね。

家賃は固定費の中で一番大きい!

家賃は固定費の中で一番大きいので見直しの効果が現れやすいところですね。

敷金や礼金、そして契約更新料がかかるので注意して選択したいところです。

そして大事なことですが、子供がいる場合は注意が必要です。

子供がいると幼稚園の変更や小学校の転校の可能性があります。

そのため、子供のことを考えると小学校前には変更しておきたいですね。

スマホ料金も簡単に下げられます

スマホ料金も結構簡単に下げることができます。

現状ドコモやau、ソフトバンクなどのキャリアを利用している場合、1人あたりの料金は5000円以上になっていることが多いと思います。

最近はスマホをあまり使わない人向けに安くする傾向がありますが使うけど安くしたいというのがほとんどのはず。

そして格安スマホだと安くなるのは知っているけど自分で設定することができるか心配という意見が多いですね。

でも格安スマホでもUQモバイルやYモバイルのように店舗を持っている場合は窓口で相談できます。

だから単純に料金を下げたい場合はUQモバイルかYモバイルを利用することをお勧めします。

大体1人あたり3000円台に下げることができるので家族3人であれば1万円を下回ることができますね。

スマホの会社を変えるには面倒が多いですが節約のために1日使いましょう。

保険の見直し

保険の場合は掛け捨てと貯蓄タイプがあるのですが上の数値は掛け捨て分としてみてください。

生命保険や通院保険などがここに該当します。

実際保険って将来を見通して加入していますか?

なんとなくで保険に入っていると無駄があったり必要なものがなかったりします。

自分だけでは難しいので近くの保険相談にいってみましょう。

こういう場所って保険を勧められそうで嫌だなと思うとおもいます。

でも将来の目的や保障の内容を考えながら不足箇所を明確にしてくれるので1度保険の見直しに行ってみることをお勧めします。

いま何が足りていないかを確認するだけでも意味がありますからね。

変動費がアバウトすぎてヤバイ

上記のように固定費を見直したら次は変動費です。

実際30万円あっても住む場所やお金の使い方によってはぜんぜん貯金できないっていうのがわかりますね。

また意外と「その他」という不明なお金が家計簿に出てくるものです。

レシートのない、交通費や食事など気がつかないうちに使用しているものです。

 

隣の駅まで電車で移動で往復で320円。

何気なく使っていますがこのお金はレシートが残りません。

月に4,5回行けばそれだけで1000円以上になるんです。

 

上の例では7万円も使っていて「何に使ってるの!」って話になりがち。

手取りの4割近くが使途不明金では話にならないですよね。

この変動費はあるから使ってしまうものと考えた方がいいです。

もちろん急に必要になるお金もありますがそんなことは毎月おきるわけではないんですよね。

 

固定費とは違い変動費をいかにおさえるかが肝です。

固定費が減って自由になるお金が増えても使ってしまっては意味がないですからね。

そのため手取りから手をつけないお金を決めて別の口座に移動してしまいます

同じ口座に残すというのはダメです。

使ってしまいますから。

 

がんばって節約して月6万円の貯金。これで満足ですか?

節約って無駄遣いしないためには必要なものであることは確か。

でもかといって節約をいくらしたところでお金が増えるわけではありません。

月に6万円残す。

そのために欲しい物を我慢したり外食を減らしたり美味しい物を食べる回数を減らす。

タバコやお酒の量も減らしていく。

そんな節約生活を今後何十年もしていくなんて思うとどうですか?

私、ぞっとしました。

お金を貯めるために生きてるって感じがして人生つまらなくないですか?

そりゃあ、子供のためにお金を残したいし、不自由もさせたくないのはあたりまえ。

でも

「親だから子供の為になんでもかんでも我慢する。」

っていうのもどうなのかな?っておもったわけです。

 

例えば私の趣味はカメラです。

もちろん一眼レフカメラ。

安いものでも欲しいものはボディだけで10数円。

交換レンズも性能をみると10万円前後のものが欲しくなります。

さらにスタジオ撮影とか始めてしまうとストロボやらスタンドなどが必要になります。

撮影した写真をより良く残すために新しいパソコンで処理したい。

普通にサラリーマンをしていてこれらの趣味ができますか?

 

中には車好きな人もいるでしょう。

家族や子供のために車にかけるお金がないかもしれませんよね。

お母さんも趣味のアクセサリを買うのを止めて、化粧品の値段も下げる。

美容院の行く回数も月1回から半年に1回にするとか・・・・

 

でもお金があれば子供に不自由はさせないし自分の好きなこともできるわけです。

じゃあお金を今より増やすにはどうすればいいのか?

「もっと稼げばいいじゃん。」

という当たり前の結論に辿り着くわけ。

でもサラリーマンの給料は年1回か2回の昇給。

月レベルで数千円。

こんなことじゃ収入を増やすなんてできないことは明らか。

そこで私からの提案です。

 

あなたの読んでるブログで稼いでいる人がいます

日本人のほとんどの人は誰かに雇われること以外の方法でお金を稼ぐ方法をしらない。

あとは自分の力でお金を貰える方法を考えればいいんです。

そして私が始めたのが「ブログで副業」だったわけです

ブログの広告収入で月に数十万円。

多い時には最高で160万円まで行きました。

これ一か月の収入ですよ。

サラリーマンをやっていれば一か月の給料が100万円になるなんてほとんどありません。

それを達成できてしまうのがブログだったわけです。

 

さらにいってしまうと

節約生活を書いているブログも収入が目当て。

節約方法を説明しているブログって結構ありますよね。

あれらのブログで節約術を説明しているけど実際のところはブログ収入が目的です。

節約以上にブログの広告収入で儲けているわけです。

決して節約のために書いているわけではなくブログで稼げるからブログを書いているんですよ。

 

節約は大事だけど自分で稼ぐほうが楽

6万円の貯金をどうやろうなんて考える必要がありません。

お金の使い方は大事です。

無駄遣いは良くありません。

でも、節約ばかりに気を使うのも人生損します。

節約に使う時間をお金を稼ぐことに利用できればいいだけ。

無駄に節約を行う必要がありません。

 

しかもブログ収入は稼げなければ0円ですが

稼げれば1つのブログだけで10万円も簡単です。

 

私は副業のおかげで

子供の習い事のお金は気にしなくて済むし、カメラの趣味も今まで以上にお金を使うことができるようになりました。

自分で収入を得る方法はいろいろあります。

 

その1つの方法でもあるブログで稼ぐ方法を無料で期間限定メルマガで教えています

でもやるかやらないかって結局本人次第なんですよね。

節約も続けなければ意味が無いのと同じでブログで稼ぐことも継続が大事。

そして稼げるブログの作り方を知らないといくら書いてもお金にならないので稼げる理由を知らないといけないんですよね。

ブログで稼げることを信じられない人は読まなくていいです。

本気の人にだけ私のメルマガを読んでもらいたいですね。

 

習い事もだけど大学も留学したいといえばさせてあげたい。
子どもは親の経済力で決まるから。
子供の才能を引き出すというか・・・そんな選択肢を提供してあげたい。
自宅でできるブログを書くだけの作業がお金になる体験があなたを待っています。
より生活を豊かにしていく第2の人生を始めていきましょう!!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© こばやんの40代から始めるノーリスク副業塾 , 2019 All Rights Reserved.